« July 2007 | Main | September 2007 »

Aug 30, 2007

環境教材研修講座で講演

 今日は、柏市教育研究所主催の柏市教職員向け環境教材研修講座で講演をしてきた。いつもはジーンズとジャケットという格好で講演をすることが多いのだが、なんとなくスーツを着てやってみた。久しぶりのスーツはなかなか気持ちいい。ところでこのスーツだが、10年近く前に買った物だが、もうシルエットが今皆着ている物とかなり違う。とくにズボンがちがうのである。そこで今回、新しく新調したが今回着ていこうと思い、昨晩着てみるとなんと裾が短い。靴下が見えるのである。これにはがっかり。ということで今日は古いスーツにした。

 話は昨年、近所に遡上したサケの真実と魚放流による功罪。パワーポイントで詳しく楽しく2時間ちかく話をしてきた。居眠りをする人もなく、時には笑いもあってなかなかよかったのではないかと思う。これで一人でも川や湖に関心を持った先生が増えてくれればと嬉しい。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 26, 2007

今後の活動予定

8月30日は、柏市教育研究所主催の柏市教職員向け環境教材研修講座の講師。サケの話を中心に野外に生きものを放すことの影響について話す予定。

9月2日は、ふたたびTBSラジオ全国子ども電話相談室にカラスとアメンボの先生で出演予定。ただし、関東では世界陸上放送のためOAされないとのこと。陸上競技をラジオで放送するのはどんな感じだろう。意外と面白かったりして。

9月15日は、広尾・恵比寿ホットサロンで講演予定。プロフェッショナルが自己啓発に集まる集いで、カラスからみた東京論を語るつもり。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 18, 2007

地域限定飲料

地域限定飲料というのがある。

地元千葉にはMAXコーヒーという缶コーヒーがある。最近は都内などでも売っているようだが、千葉、茨城、栃木の限定商品だった。ものすごーく甘いコーヒーで、甘さがMAXなのでその名があるかと邪推したくなるほどである。

先日出かけた北海道にも有名な地域限定飲料がある。

ひとつはガラナである。コーラに似た炭酸飲料で、道内のコンビニ、スーパーどこでも売っている。味は私の口にはちょっとという感じであった。なんでも起源は古く、北海道にコーラが広まる前に既に道内に定着していて、現在もコーラに負けずに生き残っているらしい。コアップガラナというのがいちばんよく見かけたが、なかには大手キリンビバレッジが作っているガラナもある。興味深かったのが、全国清涼飲料協同組合連合会なる組織が作った飲み物とうたってあったことだ。全国組織ならばなぜ道内限定なのかという疑問が発生するが良しとしたい。ホントは株式会社小原というところが作っている。だったらそう表示すればいいのにねえ。

もうひとつであったのは、ソフトカツゲンである。発売はメグミルク。かつての雪印である。こちらは乳酸飲料。ヤクルトみたいな飲みものである。こいつはうまかった。かつてはソフトではなくてずいぶん濃くて甘かったらしいが、70年代にソフトにしたそうである。なんでも疲れた兵隊さんに元気を出してもらうように開発依頼されたという話があり、活力の源で活源なのだそうだ。こいつはまた是非とも飲みたいと思う。

でも、パッケージ「北海道で愛されて半世紀」と書いてあるから、兵隊さんが疲れてというのはちょっとタイミングが合わないような気がするが....


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Aug 15, 2007

クジラの画像

ビデオに撮ったマッコウクジラの映像を画像にしてみた。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 14, 2007

北海道でクジラ

 長い間更新しなかったが、その間に実は北海道に行ってきた。北海道といっても私がいつも行く場所は決まっていて根室である。広い北海道をいろいろまわったが、いちばん気に入っているのが根室である。なんといっても自然が素晴らしい。おそらく日本一だろう。それでいて街もあるので人間的な暮らしも出来る。

 今回の旅行でいちばんの収穫は、ホエールウォッチングの船に乗って、マッコウクジラとツチクジラを見たことだ。それもごく近くで見ることができ感激した。船は羅臼から出て、国後島と知床半島に挟まれた海域でクジラを探す。この海は1000mも急に深くなっているのでマッコウクジラがいる。沿岸に近い場所でマッコウクジラを見ることができるなんて信じられない思いである。いやはやとても楽しいクルージングでありました。

皆さん知床に行ったら是非。お勧めです。

船は、知床ネイチャークルーズを利用しました。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 06, 2007

気球ボランティアに参加

 日月は、毎年恒例の難病の子供たちのキャンプでおこなわれる係留気球のボランティアに出かける。

 気球を上げた月曜日の朝は、天気が良かったが、途中で風が出てきて、気球がだいぶあおられてしまった。なかなか難しい状況だったが、なんとか子供たちを乗せることができた。子供たちの後は、ボランティアの人達の番だが、今回は残念ながらお預けとなってしまった。また来年である。

 今回のキャンプでは、夜の昆虫採集ツアーの引率も頼まれていた。会場のあしがらいこいの村周辺には樹液が多く、カブトムシが捕れる。しかし、昨年からカブトムシを狙う親子が次々と訪れ競争が激しい。樹液に来ているところを子供たちに見せたいが、まごまごしていると捕られてしまうので見つけ次第捕獲する。今回は、バナナトラップとライトトラップもやってみる。

 ライトトラップにどれだけ集まるか興味津々だったが、ライトをつけ始めてから20分ほどで雷雨が降り出し、あえなく撤収。ツアー開催も危ぶまれたが、雨もあがってツアーは無事行えた。ライトも15分くらいだがすぐに設置したが、時間が短かったためコガネムシに留まる。そんな悪条件だったにもかかわらず、カブトムシを7匹捕獲し、希望の子どもに喜んでもらえたのはなによりだった。バナナトラップも短い時間だったが、ちゃんとカブトムシがやってきた。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 01, 2007

NHKラジオに出演

今日NHKラジオいきいきホットラインにカラスの話で生出演してきた。50分と長いなと思っていたが、実際にはあっという間。番組の性格上お便りをベースにするので、あまり詳しく説明できず、いささか消化不良な感じだった。
来た意見の中には「カラスなんか人間の役に立っていないし、いなくても困らないから殺してしまえ」というのがあり驚かされた。
困らないのはいまのうちだけで、いなくなってから必要だと判明しても遅い。自然は人間の浅知恵なんて通用しないことを知ってほしい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

オジサンたちがねえ 

 今夜は、全席自由席の360°ビアスタジアムなので、もちろん行ってきた。ちょっと出遅れたために、バーマジックは既に満席。しかたないので外野席に座る。

 先発はオリックスから移籍した吉井投手。すでに2回投げてすべて壊滅。3度目の正直となるかと期待したが、やはり背信行為をしてくれた。その後にまたもオジサンの小宮山投手が出てきて、こんども火だるまに。二人のおじさんでゲームをぶちこわしてくれた。吉井はほんとに棒球であれではバッティングピッチャーである。残念ながらもう引退の道しかないかもしれない。ところでオジサンといっても私と歳は一緒なんだけどね。

 打線は後半少し粘りを見せたが、前半で8点はさすがに厳しい。5月の阪神のようなことが起こることはまずないのである。8回を見ずにして球場を後にした。これは本当にやばくなってまいりました。

花火がせめてものすくいか。しかし、全席自由席は本当に勝てないねえ。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »