« August 2007 | Main | October 2007 »

Sep 26, 2007

鳥学会最終日

 メインの研究発表は昨日で終わって、最終日の今日はエクスカーション。自分は発表がないうえ、一日遅れての到着で宴会とエクスカーションのために来たなんて言われたが、正にその通りでございます。それが一番大切なんですから。

 ということで八代海の球磨川河口干潟に行ってきた。ついた時間はちょうど潮が引きはじめのタイミングで、みるみる干潟が広がっていった。

 期待した鳥は意外に少なく、ソリハシシギが一番多くて、他にはホウロクシギ、シロチドリ、アオサギ、ダイサギ、ウミネコ、トビ、ハシボソガラスくらい。

でも、白化したソリハシシギに出会えたのは良かった。

 その後は場所を移して干潟探索。そのため長靴を持参した。ここでのメインのイベントは筆による穴じゃこ釣り。しかし、これが予想していたよりも準備が大変で、鍬で穴を掘って水をかき出し筆を入れる。それなのに鍬が一本しかないのでできるわけがなく、戦闘モードが萎えてしまった。地元のオジサンの横で少し見せてもらったのだが、思ったよりもアナジャコが大きくて驚いた。

 また、干潟ではチワラズボやカニ類、トビハゼなどを楽しく観察。九州の干潟を楽しんだのであります。

 そう言えば、面白かったのは人によって干潟を歩くのがうまい人とヘタな人がいて、どろどろになる人や全然汚れない人などいろいろ。なかにはヘタな人が倒れそうになってしぶきを上げ巻き添えになる人もでて気の毒であった。

 ということで最終日は海と戯れ、いろいろな人と有意義な会話をして過ごすことができた。来年は、東京の立教大学なので旅の楽しさが無いのが少し寂しい。

アナジャコを釣るオジサン

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 24, 2007

鳥学会in熊本

熊本初日は先ず熊本城に昇り、城下を見渡す。その後会場へ。ポスター発表を眺める。午後は時間があるので水前寺公園へ行き、ルアー釣りをするササゴイを探すが時すでにおそし。売店のおじさんの話しでは9月15日にいなくなったそうだ。残念!
夜はカラスとカワウで集まり親交を深める。魚の話しで盛り上がる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sep 22, 2007

今年も長い一日

今年もこの日がやってきた。鳥学会と運動会のガッチンコである。もちろん両方こなさなければならない。朝は5時から場所取りで並び、運動会を午後3時まで見る。すぐに家に帰りシャワーを浴びて着替え、電車に飛び乗り、18時50分には機内の人に。20時30分には熊本に着く。長い長い一日であります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 15, 2007

広尾ホットサロンで講演

今日は自己啓発の集まり広尾ホットサロンで講演を行う。カラスを通して見た東京の話がテーマだったが、時間が30分と限られていたために、エキスだけを凝縮して話す。そのあとの歓談ではやはり皆さんカラスには何らかのエピソードを持っており、有意義な時間を過ごすことができた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 14, 2007

フクロウの羽を拾う

昨日、自宅近くの住宅地を昼頃歩いていて、道路にフクロウの雨覆の羽が落ちているの発見する。同じ道を朝通ったときにはなかったので、昼間に落ちたと思われる。いったいそんな真っ昼間にフクロウが飛んでいるのだろうか。なんとも不思議なことがあるものだ。それとも自分が落としたのか。いくらなんでもフクロウの羽を持ち歩いていることはないので、それはない。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 12, 2007

審判部長謝りに来る

昨日の大誤審。今日、前川審判部長が謝りに来たんだそうで。今更謝られてもねえ。内容は、誤審の件ではなく、微妙な判定なのに協議をしなかったことだそうだ。

スポニチアネックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

審判

今日のロッテ戦で信じられない誤審があった。WBCの世紀の大誤審よりも驚くべき大誤審だ。

ズレータのセンターフライで飛び出していた早川が一塁にもどった。楽々セーフだったが判定はなんとアウト。どう見たってセーフ。それも一塁塁審がジャッジするんじゃなくて主審がジャッジ。いったいなんじゃこりゃ。これがアウトだったらみんなアウト。やっぱりおかしいときはビデオ判定するべきじゃないか。テレビの解説者もあきれかえっていたという話。

これでアウトとはあきれるしかない。

最近、よく野球を見るので思うが、ストライクゾーンもかなりおかしい。一定してコースをとるならばいいが、時によってまちまちなのはなんとかならないのか。

高校野球の審判もひどい。過去にいろいろ問題を起こしているが、どうもひどい。そういえばワンバウンドでフェンスを越えた打球をホームランにしたという前代未聞の誤審もあった。

サッカーもひどい。

審判の質の向上も重要な課題だが、どうもこれは進まない気配。困ったものだ。

今調べたら、今日の主審の中村は、ファイターズ出身だって。どうりでね。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 10, 2007

柏市小中学校科学展雑感

昨日、柏市小中学校科学展を見てきた。市内の小中学校に通う子供たちが頑張って制作し、校内選考で選ばれた自由研究の論文や工夫工作が展示されている。会場は冷房が無く蒸し風呂状体だったのでじっくりと見ることができなかったのが残念だ。そのため、論文を見るのがやっとで工夫工作の方はほとんど見ることができなかった。

展示してあった論文は、子供のレベルをはるかに超えていて、どちらかというと親子の研究であるという趣である。面白かったのは、小学校1年生も6年生もほとんどレベルに差がないと言うこと。まあ、高学年の方が物理化学分野の研究が多く、低学年になるほど生きものを扱った傾向は見受けられる。

とにかく親の力いかんで作品の出来映えが決まるといった感じだ。まあ、論文を書くなんて小学生が自力で出来るわけないので、親力はもろに影響する。これは学校も事実として認識している。それをふまえた上での作品ということなのだろう。

展示作品は、優良賞と優秀賞の選考も行われ、優良賞には銀紙、優秀賞には金紙が張られていた。受賞した作品を見ると、継続的に取り組んだものが選ばれている。なかには2月から取り組んでいるものもあって驚いた。たしかに研究とはチョチョイノちょいでできるものではないので、正しい判断である。しかし、夏休みの自由研究のレギュレーションとしてはどうかなという思いもする。

他に選考理由としてあげられていたのは、学習した事柄の発展させたテーマであることと新しさが求められていたが、これはあまり感じられなかった。学習した事柄をはるかに超越した内容が多い気がした。

その他気がついたのは、ダンゴムシの交替性転向反応をテーマにしたものが実に多かった。おそらく自由研究のヒント本などに取り上げられたのだろう。ほかにも本を見たなあと思えるテーマが数多くあった、たしかにテーマ選びは大変だが、本を見てというのは動機としてはつまらないと思う。でも、優秀作品は本を見たとしても、なかなか深く追求してあった。

最後に気になったのは、論文の命は考察である。受賞した作品を見たが、どうも考察の力が弱い気がした。かなり頑張って綿密な実験をしてその結果をきれいにまとめてあるが、考察が貧弱なものが多かった。研究を通して何が見いだせたかが最も大切な部分である。極端な話、研究結果やデータは無くても良いくらいで、問題は考察の論理展開をどうしているかが本来の研究の真価である。それを要求するのは小学生には難しいかもしれないが、子供だって考えれば出来る。それをうまく導き出すのが親や教師の仕事である。見栄えをよくするためやかっこよくまとめるために手を貸すのではない。それが科学する心を育てることになるのだ。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 09, 2007

台風のあと

台風が通過すると、近所の川の様子を見たくてたまらなくなる。もちろん高みの見物である。どうもこの衝動はみんなあるらしく、行かなくてもいいのに見に行って命を落としてしまう人もいる。そんなことにはなりたくないが、やはり見たいものは見たい。

ということで台風が通りすぎた7日11時過ぎに、江戸川に行ってみた。すると土手いっぱいに茶色い水が流れていた。今回の台風は、自宅の千葉ではそれほど雨は降らなかったが、上流のほうでは記録的な降雨となったようで、その影響で大きな河川は危険水位まで迫ったところがあった。

初夏にコイとヘラブナの産卵があった田んぼに行ってみると、増水で水浸し。これは何かいると思っていると、やはりコイとメダカがいた。産卵期でもないのにいったいこの連中は何しに田んぼにはいるのだろうか?そして嵐をどうやってやり過ごすのだろうか。

そういえば、台風通過中の大荒れの中、アオマツムシが鳴いていた。ものすごい根性だと思った。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 07, 2007

台風

今回の台風は久しぶりの正しい台風と感じる。千葉県は雨はそれほどでもないが、風がすごい。昨日の夕方には風が強くなってきて、かれこれ14時間近く吹き荒れている。この台風は速度が遅いので長時間滞在なのである。よくあるパターンは、上陸すると勢力が弱くなり、偏西風にピューと運ばれて行ってしまうが、この台風はなかなか衰えない強者である。ところで台風には名前がつけられていて、今回の9号はフィートウというそうだ。台風の時にはいつも思うが、人間はたいしたことないただの小さな生物に過ぎない。大自然の前には未だになすすべがないのである。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 02, 2007

全国こども電話相談に出演

今朝はTBSラジオ全国こども電話相談に出演。今回はTBS放送地域は世界陸上のため、放送はなし。それ以外の地域向けであった。前回はカラスの質問が多かったが、今回は関東の放送がなかったためか、1問だけ。カラスはやはり関東ローカルなのか?1つだけ来た質問は、沖縄の子でカラスはどうして山の近くにいるんですか?なるほど沖縄は正常なんだと感じる。まいったのは、マラソンはどうしたら速く走れるんですか?私のほかの先生はお天気と昆虫の人。それでも答えなければならないのがこの番組で、どう答えたかは秘密です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »