« September 2007 | Main | November 2007 »

Oct 30, 2007

水槽メンテナンス

今日火曜日は幼稚園の水槽メンテナンスの日。水槽はすこぶる調子がよい。今は水温も低くなり、いちばん安定した時期なのでホットする。魚たちも元気が良く、ドジョウもツチフキも健在だ。しかし、トウヨシノボリは姿が見えず、もしかしたら死んでしまい食べられてしまったのかもしれない。名札があるのにいないのではいけないので、近々補充したい。それとこの水槽は手賀沼の魚を知ってもらおうという目的があるので、それがわかるための表記が必要でなので、なにか看板を作りたいと思う。

人気のあるスジエビを入れたいのだが、どうも酸欠で長生きしない。もっとブクブクを強力にすればいいのだが、これ以上の出費は抑えたいとも思う。水を少なくして、シャワーパイプを滝のようにする手もあるが、音がうるさくなるので保育の影響が心配。


| | Comments (0)

Oct 28, 2007

ホームズ彗星

 そういえば、お寿司屋さんの後に、今話題のホームズ彗星を見に利根川河川敷まで出かけた。ここは獅子座流星群の時にも来たところで周囲が暗くて星を見るのには良い。 

 天文は極めて疎いが、きょう友人からメールでホームズ彗星のことを教えてもらい見に来たのであるが、なんでも大バーストをおこして暗かったのが、40万倍も明るくなって肉眼でも見えるようになったという。こんなことは滅多にあるもんじゃなく天文学者も興奮しているから、相当すごいらしいということはわかる。

 しかし、午後7時すぎの段階で空には薄い雲がかかり、星はほとんど見えない。おまけに月が明るく輝いている。これじゃ良い場所でも見えないということで断念して帰る。

 帰宅後すっかり彗星のことは忘れていたが、ふたたび友人からメールが入り、今、カシオペア座と月の間に見えるという。さっそくベランダに出てそれらしい方向を見ると、なんとなくぼやけた星を発見。双眼鏡で見ると、たしかに周囲の星は針で刺したように輝いているが、ひとつだけピントが合わないような星が見える。これがそのホームズ彗星なのであった。望遠鏡でものぞいてみたが、臨場感はなぜか双眼鏡の方があった。天文学者でも滅多に見ることができない天体を観測できたのであるから、なんとなく嬉しくなる。今後この彗星がどうなるのか、興味深い。でも、彗星は素人からすると、長ーい尾をひいてくれるとビジュアル的には嬉しいのであります。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (2)

手賀沼エコマラソン

 今日、午前中は仕事の打ち合わせ。その後は、手賀沼エコマラソンに行く。知り合いの先生が医療班をしているので顔を出す。今日は台風一過で快晴であったが、そのぶん気温が上がり、30度近くになる。そのため、暑さにやられた人が次々に運び込まれる。また、給水が足りなくなったらしく、その影響で足にけいれんを起こす人も多かったようだ。なかでも驚いたのが、ゴールしてかなり経ってから倒れて担架で運ばれてくる人が多いこと。どうも終了後にビールを飲んで具合が悪くなるみたいだ。会場では生ビールが売られ長蛇の列になっていた。こんな過酷な運動をした後にアルコールなんか飲んで大丈夫なのかと列を眺めていたが、やはりダメなのである。アスリートならばもう少し自己管理ができなければ情けないと思った。

 レースの後は、大堀川を通って帰る。途中、無数のアブラムシの飛行に遭遇する。急に温かくなったので一斉に羽化し、飛翔したのだろう。冬の前の風物詩で毎年のことながら、その量に驚かされる。気をつけないと、虫をどんどん吸い込んでしまうくらいだ。

白い点はすべてアブラムシ

夜はよく行く寿司屋に。そこでまた先生にお会いする。

久しぶり食べたお寿司は本当に美味しかった。お寿司屋さんがグルナビに掲載されたようなので、詳しく知りたい人はどうぞ。
鮨処 和かな

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0)

Oct 25, 2007

ジョウビタキ

今日、今シーズンはじめて自宅でジョウビタキの声を聞く。もう冬の鳥がやってきた。朝晩もすっかり冷えてきた。あれほど暑かった夏は、気がつくととつぜん終わって、もう冬の入り口である。大堀川には、コガモの群れも到着。カルガモの数も目立って増えてきている。季節は確実に移り変わるのであります。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 21, 2007

三番瀬にて幼稚園親子体験

 今日は、船橋の三番瀬で、みくに幼稚園主催の親子体験をおこなった。当地での親子体験は3回目となるが、毎年好天に恵まれている。今回もこれ以上ないという晴天に恵まれ、気温も暑すぎず寒くなく、快適な状況で楽しむことができたと思う。

 集合時間間際にアクシデントがあり、すこし混乱したスターとなった。とにかく事故には気をつけたい。

 今回の三番瀬は台風の影響で、アサリが壊滅状態。他の生物も少なく、観察会をどう進めるかとても悩んだ。しかし、大勢の目はたいしたものだった。私が必死になっても捜し出せないような色々な生物が見つかったのだ。参加者は100名近くはいたので、200の目で探すとみつかるのである。アナジャコ、マハゼ、セグロイワシを見つけてきたのには驚いた。いつもならばたくさんいるマメコブシも私は探せなかったが、何人かの子供たちが見つけてきたし、壊滅と思われたアサリを掘り出した人達が何人もいた。

 いくら優れた目を持つ人間がいても、200個の目にはかなわないのである。これは自然調査のありかたを教えてもらった気がする。見つけた物を評価するのは知識と経験がいるが、探し出すのは数が必要なのである。

 さて、来年はアサリが復活しているか気になるところである。

 

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (2)

Oct 20, 2007

探偵ナイトスクープ放送日

先日、ロケをした探偵ナイトスクープの放送日が決まったようなのでお知らせします。

カラスの専門家と言うことで出演していますが、いったいどんなシーンになっていて、どれほど登場するか不明です。よろしかったらどうぞご覧下さい。

千葉テレビ 11月22日木曜日午後10時~

東京MX 11月23日金曜日午後11時30分から

その他のテレビ局の放送時間はこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 19, 2007

イトタヌキモ

そう言えば10月12日に手賀沼湖畔にある(沼なのに湖畔はおかしい?)公園の水路で釣り糸を垂らしてみた。何も当たりがないので引き上げるとハリに藻がついてきた。取りのぞこうと何気なく藻を見たら、小さな袋がついている。おや?これはと思って、しげしげと眺めるとこれどうやら「タヌキモ」の仲間らしい。タヌキモは実に色々な種があって分類が素人では困難のようであるが、どうも「イトタヌキモ」ってやつに違いない。タヌキモは葉の付け根に小袋を持っていて、そこにミジンコを捕らえる食虫植物である。いったいそんな袋にミジンコを閉じこめるのか不思議に思って調べてみた。すると袋の入り口にはミジンコがつかまって休みやすい突起があって、そこにミジンコが「どっこいしょ」ととりつくと、袋のふたが開いてミジンコもろともチューと水が吸い込まれてとらわれてしまうのだそうだ。これにはたまげた。ほんとに1ミリくらいしかない小袋にそんな仕掛けがあるとは驚きを超えている。

そんなおもしろ水草が近所にあるのは嬉しい。でも、この水路にタヌキモの仲間があるのを公園の管理の人はわかっているのかなあ。知らないだろうなあ。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 18, 2007

ロッテ、サッカーに負ける

あーあ、おわっちゃった。
今日ロッテがクライマックスシリーズで日ハムに負けてしまったので、今シーズンの野球は終わってしまったのである。

3戦目の負け方を見たときには、もう終わりだと思ったが、4戦目で粘りを見せて希望をつないでくれた。しかも、最終戦は成瀬なのでかなり希望を持ってテレビ観戦した。

しかし、ダルは打てない。というかいいところでロッテが打ち損じていた。そして、頼みの成瀬もまったく当たっていなかったボラギノールに被弾して彼らしくない投球になり、沈没。残念でありました。ボラギノールの打席の前に、成瀬がロジンに手を当てたときに少し指を気にしていたので、やな予感がした。もしかしたら、きょうは爪の調子が悪かったのかもしれない。

それよりも今日ロッテが負けた影の理由がある。それはサッカーだ。昨日はサッカーの日本代表の試合があったのでクライマックスの第五戦は、一日空けて今日になった。なんでもサッカーとガチンコ勝負を避けたかったのだという。これがいけなかった。

もし、昨日試合があれば、ダルは中3日だし、前日にマイケルが打ち込まれているので、ロッテに相当の勝機があった。それが回避されたのだから、ハムには相当な運がある。今年のハムの優勝はこの運にあったのではないかと思う。

そんなわけで、今年の野球は終わり。つまらなくなるのであります。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (1)

親子体験三番瀬で遊ぼう参加の方へのお知らせ

21日におこなわれる三番瀬での親子体験ですが、9月の台風の影響により、アサリが壊滅状態になったため、予定していた潮干狩りは楽しめないようです。当日はその他干潟で楽しめることをする予定です。あらかじめご了承下さい。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 17, 2007

三番瀬に下見

21日に実施する親子体験の下見に三番瀬に行ってきた。一番の目的は潮位の確認である。今日は小潮で到着した10時はほぼ満潮状体で148.1㎝。草のすぐ近くまで水が来ていた。12時近くには少し潮が引いて、128.6㎝でたいぶ砂が顔をのぞかせていた。当日は、9時で90㎝で、12時で147.4㎝だから9時から11時までが干潟で遊べる時間になるだろう。これが確認したかった。

今日の浜には人が少なく、いたのは鳥を見に来た人だけ。けっこう鳥はたくさんいたが、みんな熱心に砂浜の一点を見つめている。いったい何がいるのかと思ったら、冬羽のハジロコチドリだそうだ。これはつまらない。珍しいといわれるから撮影しているのだろう。私はまったく興味が湧かずにひと目も見ないで別の鳥を見た。ハマシギの乱舞の方がよっぽど面白い。

最後に潮が引いたので少し貝を探してみた。ところが掘れども掘れども見つからない。例年だったら少し砂を掘るとアサリがゴロゴロ出てくるが、一つも見つからないのである。いったい何があったのだろうか。これでは観察会が困る。帰宅後調べてみたらどうやら今年は春からアサリが少なかったようだ。そのうえ秋の台風で大量の土砂が流入して貝が死んでしまったらしい。どうりで貝掘りのオジサンが一人もいないわけだ。

当日は観察会に工夫が必要かもしれない。でも、広い干潟で遊ぶだけでも良い経験になると思う。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0)

Oct 16, 2007

稽古

 昨日は約1ヶ月ぶりに剣道の稽古をした。すこし間が開いてしまったので、急にハッスルしてやると怪我をする恐れがあるので、ぼちぼちやって早めにあがろうと思って道場に入ったら、参加者が6名しかいない。ということは休む間がないことを意味する。次から次へと稽古をしなければならないのである。目論見はまったく外れてしまったわけだ。

 そして結果はヘトヘトである。きつかったぁ。最後の方は、握力が無くなり、足もあがらず、よれよれに。でも、非常に細かく指導していただいたので大変有意義な得るものが多い稽古となったので嬉しい。こんな疲れならば気持ちがよい。

 今朝はというと、いっぱい汗をかいて風呂にはいってリラックスし、すぐにぐっすり眠れたので、久しぶりに心地よく目覚めることができた。やはり適度な運動は必要なのだと実感したのであります。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0)

Oct 10, 2007

熊本のラジオ局電話取材

今日は、熊本のラジオ局RKKの電話取材を受けた。内容はもちろんカラスのこと。なんでもカラスの大群が竜巻のように渦巻いて飛ぶ光景を見るがこれはなぜか?という質問である。関東ではこのような光景はなかなか見ないが、このカラスはおそらくミヤマガラスの群れである。九州には冬になると渡ってくる渡り鳥のミヤマカラスという種類のカラスがいて、このカラスは田んぼなどで食べものをとっているときに、何千という群れが一つの気流にのって、ぐるぐると舞い上がり移動する習性がある。とくにねぐらに入る前には、相当数の群れになってなかなか圧巻である。そんなようなことを答えた。それ以外にもいろいろなカラスの質問があって、丁寧に答えたら、電話口のキャスターも想像以上に面白かったらしく、40分くらい話が続いた。カラスは奥が深いので話は尽きないのであります。

放送は熊本県ローカルと言うことで私は聞くことができない。熊本県にお住まいの方は是非お聞き下さい。

放送は、10月17日 RKK放送 「とんでるワイド 大田黒浩一の今日も元気」内はてな戦隊ミミレンジャーのコーナー、OAは午前9時25分くらいだそうです。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 08, 2007

CS第一戦

今日はマリンスタジアムへクライマックスシリーズ第一戦を見に行ってきた。朝起きたときは晴れていて、天気予報の曇りのち雨は何かの間違えかと思った。しかし、予想通りだんだん天候が崩れて10時頃には雨が降り出した。こんな天候では快適に観戦できないので、ちょっと気が重いのだが、見ないわけには行かないので、ぎりぎりにスタジアムに到着。今回の席は、外野席だったがなんと応援団の台の真下。ものすごい応援の中で観戦したのでありました。試合は、序盤にエラーがらみで3点取られて、これは万事休すかと思ったが、その後苦手な斉藤和巳を打ち崩し、みごとに勝利でありました。

その上、球場を出ると空には美しい虹が!これはきっと吉報にちがいない。勝利の架け橋なのであります。

ものすごい応援のまっただ中の様子


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Oct 06, 2007

杉並のたから幼稚園でダンゴムシと遊ぶ

今日は、杉並のたから幼稚園で「ダンゴムシと遊ぼう」と題して講師をおこなう。連休初日の影響か、参加者は少なく子供10名であった。そのため落ち着いてじっくりとおこなうことができた。

子供たちは、かなりダンゴムシのことを知っていて、雌雄の見分けや糞が四角いことなどを知っていた。しかし、どれも本で知った物ばかりで、本物の体験はなく空虚な感じ。今日の体験で本物になればと思う。

面白かったのは、ワラジムシというダンゴムシに似た生きものは知っているが、ワラジは知らない。まあ、そんなもの私も数回しか履いたことがないので幼稚園の子供たちが知っているのがおかしいのだが、やはり記号として名前を知っているだけで、真の意味が分かっていないのは悲しい。

人数がすくなかったのでメインのダンゴムシ迷路タイムアタックレースは全員がトライできた。優勝は24秒ととてつもない早い記録が生まれた。正確に交互に曲がるダンゴムシを見て、曲がるたびに「おー!」と歓声が上がるのが嬉しい。ダンゴムシだってすごいんだということが分かってもらえたような気がする。

ダンゴムシを題材にしたこのイベントは、だいぶ洗練されたので、もっといろいろな幼稚園や保育園でできればと思う。興味のある関係者の方は是非ご連絡を。ただしダンゴムシが見つかる4月末から10月はじめくらいまでの期間です。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 05, 2007

ダンゴムシ

昨日は、土曜日におこなうダンゴムシレースのダンゴムシを調達しにでかける。ところがダンゴムシがなかなかみつからない。ちょっと時期が悪いのかもしれない。ダンゴムシはどんな一年をおくるのであろうか。季節によっての増減はやはりあるのだろう。

かなり四苦八苦してダンゴムシを集める。最終的には近所の神社にいることを思い出して行ってみるが、ここもあまりいなかった。そのかわりヤブ蚊が退去して押し寄せ、こともあろうにまぶたを刺される。これはかなわないと思ったが、自分はどうもカの免疫があるらしく、刺されてもほとんど腫れない。したがって重大なことにならずに済む。

とにかく10家族分を集めることができたのは、探し始めて2時間くらいたったころだった。たかがダンゴムシでも侮れないのであります。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 03, 2007

書くのを忘れていたこと

忙しさにまぎれて書くのを忘れていたことを記す。

9月27日に近所の高田図書館に行ったら、シダレサクラが咲いていて驚いた。なんでも夏が余りに暑すぎて、水分蒸発を防ぐために葉を落とし、それが開花を促したというのが定説であります。とにかくおかしなことです。

家で飼育していたナガサキアゲハの幼虫は、9月30日に蛹となる。越冬して春に成虫になるのだろう。でも、休眠の仕組みはどうだったか。暖かい部屋で飼育していると早く羽化してしまうかな。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自然おもしろ噺を更新

地元みくに幼稚園の「みくにだより」に連載している自然おもしろ噺を更新しました。地球温暖化に関連する身近な昆虫の変化について書きました。お読みいただければと思います。

自然おもしろ噺 10月号

ことしの9月の残暑は過去最高だったみたいですが、温度の影響をもろに受ける昆虫の世界では南の種類が北上する傾向が多く見られています。なんだかますます恐いことになってきているように思えます。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 01, 2007

探偵ナイトスクープに出演

昨日、急に依頼されて、今日、探偵ナイトスクープのロケに行ってきた。場所は自宅から車で1時間くらいの所にお住まいの個人宅。怪我をしたカラスを野性に帰したいという依頼をかなえるために一肌脱ごうというお話しであった。私はもちろんカラスの専門家として意見をいう先生役でした。

さて、肝心のカラス君、名前をチョコちゃんという。チョコちゃんは家の裏のケージでひっそりと飼われていたために、家以外の人とまったく接触がなく育った。したがってものすごい人見知り屋で、我々のような始めて見る人、しかも、男と言うことで、まったく心を開いてくれなかったのであります。

私一人がカラスの鳴き真似をしながら近づく様は、ムツゴロウさんのように見えるだろうなと思いながら進む。しかし、カラスは最後まで心を許すことなく終わる。これでうまくいったらカラス使いとして尊敬されるのだろうがその神通力もなく終わったのでありました。

 放送は関西では11月中旬、関東は2週遅れだそうです。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

八ヶ岳

週末は友人たちと八ヶ岳方面に出かける。目的は友人が八ヶ岳倶楽部を見たいというので連れて行くこと。8時過ぎに出発して、今回は都心を回避して圏央道経由で行く。圏央道は、高尾山の最も自然豊かな場所に接続するため、自然保護団体はずいぶん前から建設反対運動をしていた。実は私も学生の時にデモ行進をしたことがある。なのにできてしまうと使ってしまう。なかなかポリシーを貫くのは難しい。

都心をパスしたため、順調に進み、予定よりもだいぶ早く八ヶ岳倶楽部に到着。今回は残念ながら柳生さん、奥様も不在。いつもすれ違ってしまう。

すぐに友人も合流し、けっきょく4時間も長居をしてしまった。八ヶ岳倶楽部は標高1300mあるために下界よりもかなり涼しいが、この日は下界でも10度代だったのでかなり寒く、薪ストーブに火が入っていた。

夜は小淵沢にある「あるびおん」というペンションに泊まる。HPを見ると鳥の宿みたいなので期待した。オーナーご夫婦も感じの良い方でとても居心地がよかった。また来たい。料理も美味しかった。

翌日は、朝からバードウォッチングを楽しもうと思っていたがあいにくの雨で残念。宿をあとにして知人の家に行く。いつも来るたびに知人の家を見るとうらやましくてため息がでるが、田舎暮らしもいろいろたいへんなことがあるようだ。

その後は、藪内美術館へ。サントリー広告用の巨大ポスターの原画があり、その迫力に息をのむ。でかい絵はいい。

最後はシャルマンワインのワイナリーに立ち寄りおみやげを購入。とても小さなワイナリーだった。

帰路は渋滞にはまり、4時間近くかかってしまった。中央道方面はこれがたまにきずだ。

そういえば、夜、自宅で車を車庫に入れていると、ハクビシンを見る。いよいよごく普通の動物になりつつあるよう。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »