« 自然おもしろ噺2月号を更新 | Main | 思わぬもの »

Feb 03, 2008

雪の一日はケチとムダの日であった。

今日は、雪の一日であった。先日の雪と予想された日は、大ハズレでひとつも降らなかったが、今回はしめった雪がかなり降った。積雪は数㎝ほどで、路面も白くなった。 

我が愛車は、昨年から冬期はスタッドレスに履き替えているので、こんな日は運転しないわけはない。この日のためにスタッドレスそして4駆なのである。であるからしてお昼頃、昼食と買い物をかねて、いざ街に繰り出す。

関東の車達は、さすがに怖じ気づいたのか交通量はかなり少なめ。車はスイスイとシャーベット路面を進んでいく。

市営駐車場に車を止めて、昼食は爆風の歌にも登場するテロー◎へ。スープスパゲッティーを食べる。美味しくいただいた後に、さあ帰ろうと席を立ち、そういえばこのレストランは市営駐車場は提携しているので、たしかサービスがあるはずだと思いながら会計へ。ところがなんと3000円以上食べないといとサービスがないことが判明する。今日は3人とも980円のご注文。あららわずか60円とどかないではないか。さらに◎ほくカードを出したために5%割引となる。それでも一応レジの兄さんにお伺いを立てるが、あえなく却下。ケチである。そのくらいサービスしてもよかろう。仕組みはよくわからないが、3000円食べないお客にサービスすると店は不利益になるのだろうか。仮にそうだとしても60円くらいでお客を逃がしたら大損である。ということでもうこの店には行かないことにする。損得勘定はよく考えてしましょう。

ケチなお店の後、駐車料金をどうしても払いたくないので、ナガサキヤで3000円以上買い物する。これでついに2時間分無料をゲット。急いで駐車場に戻ったが、なんと2時間を5分オーバー。200円とられるハメに。ここでも融通が利かない機械がおりました。

ところでこの市営駐車場は、なんで係のおじさんがたくさんいるのだろう。事前精算機の前にいるおじさんに駐車券を渡すと入れてくれ、お金を渡すとおつりをくれる。

はい、ありがと。まてまて、そんなこと一人でできるわい! そのための精算機である。おじさんいらずだから機械なのである。さらに車で出口を出るときに、また立っているおじさんに精算済みの駐車券を渡す。すると機械に入れてくれる。またまたである。

さて、こういうのをムダという。高齢者の雇用対策だと思うが、もうすこしマシな仕事はないのか。そのために税金を払っているのではない。お役所の考えることは理解不能である。

文体は、「ですます」も「であるも」も気分によることにする。

|

« 自然おもしろ噺2月号を更新 | Main | 思わぬもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60304/17950426

Listed below are links to weblogs that reference 雪の一日はケチとムダの日であった。:

« 自然おもしろ噺2月号を更新 | Main | 思わぬもの »