« エーハイム導入 | Main | 科学博物館遠足引率2日目とスウェーデン環境教育講演 »

Mar 09, 2010

幼稚園の遠足についていく

今日は地元の幼稚園の遠足に同行させていただいた。
でかけたのは上野にある国立科学博物館。
なんでも年中の子供たちは、遠足に行くのが今日が初めてらしく、そうとう興奮していたもよう。
しかし、電車内でもとても行儀がよく、感心した。
博物館にいた小学生よりもずっと行儀が良かったのである。

見学は探検の森などを中心に見ていく。
探検の森では、照明をコントロールして朝や夜を体験してもらうようになっているが、展示物とあっていない。
昼間なのにフクロウが鳴き、夜なのにムクドリが鳴く。
探してみようと言われても、音源が剥製のところではないのも気になるし、スポットライトが当たるわけでもない。もうすこし工夫をしてもらいたい。
また、その奥のほ乳類の剥製展示群は、どういう秩序で並べられているかよくわからない。シカやアンテロープが混在しているのはどういう理由だろうか。
また、展示物の多くが小さな子供の身長を考慮していないのが気になった。



|

« エーハイム導入 | Main | 科学博物館遠足引率2日目とスウェーデン環境教育講演 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« エーハイム導入 | Main | 科学博物館遠足引率2日目とスウェーデン環境教育講演 »