« 音痴ウグイス君が来た! | Main | 本年度最初の親子体験「たまごのふしぎ」 »

Apr 13, 2011

自然観察の達人ロケ終了

4月からサイエンスチャンネルのインターネットで放送される自然観察の達人のロケが今日ですべて終わった。
ロケを始めたのが昨年の10月中旬。もうすでに秋も本番で自然観察をするには、ちょっと厳しい時期からの開始であった。なにしろ昆虫がそうとう制限されるからである。
それでも10本分のロケを終了。そのうち7本までは完成している。

本日最後のロケでのターゲットはテントウムシ。流山の江戸川土手で菜の花が咲き乱れる中でのシーンとなった。

10時にスタート。しゃべろうとした瞬間に携帯の緊急地震速報が鳴り出す。
しばらくすると土手全体が左右に揺れ始めた。携帯で震度を確認すると3とのこと。もう余震は勘弁して欲しい。

菜の花にはアブラムシがたくさん付いているのでナナホシテントウもそれを狙って来る。
だから探すのはそれほど難しくない。

付近をさがすと次々に見つかる。しかし、よくみると色が淡い。ということは羽化したてである。どうやら羽化した成虫が次々を姿を現したようだ。

その後はナナホシテントウを使ったいくつかの実験を行い、もうすこし役者が欲しいと午後になって改めて探してみた。

すると朝はあれほどいたナナホシテントウが一匹もいない。
おかしいなあと思いながら賢明に探すがやはりいない。どうも羽化して直ぐに食べ物ではなく、雌を求めて飛んでいってしまったようだ。

テントウムシなんてありふれた昆虫のような気がするが、知らないこともたくさんあるのだ。

身近な生物をさらに深く知りたいと今日はつくづく思ったのであった。

|

« 音痴ウグイス君が来た! | Main | 本年度最初の親子体験「たまごのふしぎ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 音痴ウグイス君が来た! | Main | 本年度最初の親子体験「たまごのふしぎ」 »