« April 2012 | Main | June 2012 »

May 28, 2012

保育者対象の自然散策会をしてきました。

昨日は、東京杉並区にある善福寺公園で、小学館の保育雑誌「新幼児と保育」主催の自然散策会をしてきました。
保育雑誌ですから対象は保育園や幼稚園の先生です。
当日は快晴とこのうえない天候に恵まれました。やっぱり天気がいいとテンションが違いますね。
公園の上池を一周するコースを歩き、植物、昆虫、鳥など目についたものは何でも観察。そしてちょっとした観察の小道具なんかも紹介しながら話を進めました。
参加者のほぼ全員がこの類いの自然観察会は初参加だそうで、こうなるとこちらも自然観察の面白さを知ってもらわなければとかなり張り切りました。

午前と午後の2回、だいたい20名くらいの方々をご案内したのですが、皆さんとても熱心でおどろきました。また、午前と午後で見られたものがちがい、午前中は大きなアオダイショウを捕獲に成功、午後はアオゲラの採食行動をばっちり観察できました。アオダイショウを見るとつかまないわけにはいかないので、すぐにつかんで見せたところ、「先生、ワイルドすぎる!」との声が。ヘビくらいで腰が引けているわけにはいきません。
それと小テクニックとしてデジスコをご紹介したところ、これが大ウケ。みなさん、かわるがわる自分のコンデジで挑戦していました。



とても嬉しかったのは、散策会がおわるころには皆さん自然と生きものを探す目になっていたことです。この経験をこれからの保育に活かしてもらえたらと思いました。

最後にこの散策会で驚くものを見つけてしまいました。
それはアオゲラが塒に利用する巣穴を観察していたときのことです。入り口の様子をよく見ようとフィールドスコープでのぞいたところ、なんと一匹のヤモリが顔を出しているではありませんか。
先日、ヤモリはじつは帰化動物だったというニュースがながれて話題になりましたが、その根拠の一つに人家でしかみられないということがあげられています。ところが今回は人家ではなくキツツキの巣穴にいるのですから驚きです。私も長いこと自然ウォッチをしていますが、こんなのはじめてみました。
すこし情報をあつめてみたら、都内の大きな公園ではたまに木の皮の下やコゲラの巣にヤモリがいることがあるそうです。寒い冬は人家へ移動して暖かくなると食べ物が豊富な森にいるのかもしれません。
それにしても自然は驚くこととの宝庫ですね。





| | Comments (0)

May 22, 2012

ハックルベリーブックスさんでお話会

ちょっと時間がたってしまいましたが、5月20日(日)に柏市にある絵本や児童書などを中心にあつかう本屋さん「ハックルベリーブックス」さんのご依頼で鳥にまつわるお話会をしてきました。
ハックルベリーブックスは、とっても小さな本屋さんですが、とてもオシャレで大型書店にはない魅力があふれています。そして二階にはイベントスペースがあって、毎日さまざまな活動がおこなわれています。
ハックルベリーブックス

そして、なんとこの店には看板フクロウならぬアフリカオオコノハズクの「フーちゃん」がいます。はじめてこのお店を訪れたときに、このフーちゃんがいたことがきっかけで鳥の話がはずみ、今回のご縁となりました。

この日はこのフーちゃんの2才のお誕生日と言うことでトークショーに呼んでいただいたわけで、ですからお話はフクロウのことを中心にしました。
鳥の話になるとなかなか人気がなくて人が集まらないのではと思ったのですが、フクロウはさすがにちがいますね。当日は満員御礼。
たくさんのフクロウファンのみなさんと楽しい時間を過ごすことができました。
こういった小規模のお話会もなかなかいいですね。





| | Comments (0)

食中毒になりそう

昨日は、ついに待ちに待った金環日食デー。
2009年の部分日食のときから、あと2年、あと1年、あと1ヶ月とこのときを待っていました。
もうひと月前から当日の天気が心配で毎日天気予報サイトのチェックを頻繁にしていましたが、迫るに従って、どんどん予報は悪くなる一方。ついに前日には、もしかしたらチラッとなんてテレビの気象予報士は言い始める始末。
もうこうなったら地元での観測はあきらめて、どこか晴れているところに行くしかありません。しかし、いったいどこに行ったらよいのやら。
そんなとき元同僚が天文関連の撮影をしていることを思い出し、すぐに電話して聞いてみました。
「今、県立ぐんま天文台で準備してますよ。来たらどうですか。」

!!!!

これは行くしかありません。
金環日食は午前6時30分頃に始まるので、現地まで2時間のドライブですから早朝4時頃出れば間に合う計算です。しかし、混雑が予想されるので午前2時に出発。4時に現場着でしたが、すでに10台の車が駐車場開門待ちで並んでいました。
群馬天文台のある位置は、金環食ギリギリなので、珍しいベイリービーズという現象が見られるところ。それを目当てに人が集まっているようでした。
天気は快晴にちかい晴天。期待が高まります。
午前6時に天文台が開門。入館料を払うとピンホールがついたしおりをいただきました。

矢印がピンホール。ここに光を通すとその先には太陽の形があらわれます。


観測広場には500人ほどが集まって観測します。写真はこの写真を撮ったときはまだ閑散としていますが、ピーク時にはもっとたくさんの人でした。


天文台の研究者の方々は8台の望遠鏡で世紀の天体ショーをとらえます。


私は500円の雑誌の付録日食プレートを加工したフィルターで撮影に挑戦しました。レンズは55-250mmの安物です。

午前6時20分ついにショーが始まりました。どんどん太陽が欠けていきます。

さすがは天文台です。機材はもちろん、専門家の解説付きで日食の観測ができます。


午前7時27分の状態。もう漫画のお月様のようです。
このくらいになるとあたりがなんだか薄暗くなっていることに気がつきました。天気なのに暗い。写真で絞りを間違えたときのような感じです。


元同僚はおもしろい事を。ピンホールで字を投影。

太陽の形になっているのがわかりますか?

午前7時34分。金環食が始まりました。あちこちから歓声が上がり、みんなのテンションは最高潮です。やっぱり大勢で見るのは良いですね。ライブですよ。
そしてついにそのときが来ました。


ベイリービーズです。午前7時36分でした。右下細くなっているところの光が途切れ途切れになっているのがわかりますか。安物の機材なのによく写りました。やっぱりデジタルカメラはすごいですね。
そして約2分で金環食は終了。あっというまに終わってしまいました。
しかし、このときかなり気温が下がっていることに気がつきました。天文台は標高800mですから、その差がとくにわかりやすかったのでしょう。えらく寒いと言うくらいに下がったのには驚きました。そして太陽の部分があらわれると共に気温が上昇。太陽の力のすごさを実感しました。
そして午前9時03分に金環日食は終わりました。


合成して並べてみました。

なんだか夢のような約2時間半の天体ショーでした。2001年の獅子座流星群のときも忘れられない時間でしたが、今回もそれに匹敵するくらいの感動でした。
また、天文台で観測できたのもとても良かったです。今後の天文観測は天文台に限ると言っても過言ではありません。
そして、大勢で見るとそれだけ楽しさが何倍にもなるということも良いですね。

さて、2035年9月2日には北関東などでついに皆既日食があります。あと23年後なのでなんとか寿命は大丈夫そうです。そのときまで日食グラスはとっておきましょう!
そうそう、日食や月食の魅力にはまってしまうことを「食中毒」というそうです。どうも私もそれになってしまったかもしれません。


そういえばこんなのも来てました。ゆるきゃら「ぐんまちゃん」です。そして後ろにはテレビの中継クルー。インタビューされましたが饒舌すぎて、どこも使ってくれなかったようで放送は幻になったようです。


| | Comments (0)

May 16, 2012

J-wave Tokyo Morning Radioに出演しました

今朝はFM放送局J-wave にお邪魔して、カラスの話をしてきました。
もちろんJ-waveに行くのは初めて。六本木ヒルズ33階にあります。いやー、ものすごくきれいで洗練されたラジオ局ですね。某渋谷の放送局と比較してはいけないくらいのオシャレ度でありました。そしてものすごい眺望。東京タワーとスカイツリーを一望でき、遠くには東京湾が輝いていました。しかし、私の興味はというと点々と見える緑地。まさに上空からの眺めはカラスの視点です。カラスはこんな具合に都会の緑を眺めているんだなあと思いました。

番組は別所哲也さんがナビゲートしている、Tokyo Morning Radio。朝の看板番組です。普段からけっこう聴いている番組なので出演できるのはたいへん光栄なことです。もちろんカラスの話ははずんで、あっというまの20分でした。

Continue reading "J-wave Tokyo Morning Radioに出演しました"

| | Comments (0)

May 12, 2012

柏まちなかカレッジでお話をしてきました

一昨日と今日は、柏のまちなかカレッジという集まりでカラスや都市鳥のお話をしてきました。
「柏まちなかカレッジ」は、「街」と「人」と「知」を遊ぶ場なんだそうです。
毎回、いろいろな方が講師になってさまざまなことを学んでいく集まりです。
詳しくはこちら。
柏まちなかカレッジ

会場は街の喫茶店でした。
集まったのは老若男女の7名。みなさん好奇心の塊という方々ばかり。とても熱心にお聞きいただいたので、3時間もしゃべってしまいました。
お話のあとは、みなさんで商店街の街路樹で眠るハクセキレイを観察に。
こんなところで鳥が寝ているとは、みんさんビックリされていました。

土曜日は実践編として柏駅前を中心にじっさいに鳥を見て回りました。
まず最初は柏神社へ向かいます。すると電線のボックスの中にはいるスズメを発見。双眼鏡でよくみると巣材の枯れ草が飛びだしています。ということは巣ですね。もう頻繁に出入りしているようなのでヒナが孵っているかもしれません。
こんなところに巣があるとは皆さんも驚いていらっしゃいました。

その後はハシブトガラスの巣を見たり、ツバメの巣などを見て回りました。
また、うれしいことにヨーカ堂にチョウゲンボウがいて、望遠鏡でかわいい顔を見ていただくことができたのは何よりでした。もう少しするとヒナが見えるかもしれません。

今回のご案内で嬉しかったのは、お米屋さんと話ができたことです。じつはこの場所にお米屋さんがあるとは下見のときまで知らなかったのです。下見の時にスズメが急にあらわれるようになったなと思ったらお米屋さんがありました。
今日はそのお店の方とお話しすることができ、スズメをかわいがっていらっしゃることがよくわかりました。都市で暮らすためには、人を味方につけなければなりません。残念なことにカラスは敵対してしまっていますが、スズメはうまくやっているようです。こういったお話ができるのも街中バードウォッチングの面白いところです。

また、私たちが熱心に上を見上げていると、そうとう変なんでしょうね。何を見ているのかとよく聞かれます。今日は、信号待ちの車が窓を開けて「何見ているの?」って大声で聞いてきたので、「スズメの巣があるんですよ」って答えたら、「へえ!そんなところに」という反応が。
すると後ろの美容室からもお店の人が出てきて、「スズメの巣がありますよ」って教えてあげたら、「えっホントですか!」とビックリ。
町の人に意外なところに鳥がいるのをアピールできて、なんだか嬉しくなってしまいました。


服屋さんのスポットライト上にツバメの巣がありました。

きっと暖かいと思うので、もしかしたら孵化が早まる可能性が?

近くにはこんな張り紙が。都市の鳥は愛されないと生き残れない?!


| | Comments (0)

出演のお知らせ

次の水曜日、5月16日にFMラジオJ-wave 別所哲也さんナビゲートの東京モーニングラジオの東京モーニングラジオに出演する予定です。
カラスの話をします。放送は朝8時30分くらいからだそうです。

東京モーニングラジオ

Continue reading "出演のお知らせ"

| | Comments (0)

May 06, 2012

毎年恒例の渡良瀬遊水地で遊ぼう

 5月5日はこどもの日。この日は毎年地元のみくに幼稚園のみなさんと、渡良瀬遊水地に遊びに行きます。もう何年続いているでしょうか。
 昨年は今にも雨が降りそうな天候で空とにらめっこしながらの開催でしたが、今年は雲もほとんどない晴れ。最高の天気です。しかし、午前中は風が強く、ちょっと歩きずらかったのはご愛敬でしょうか。

 それにしても今日はいろいろハプニングがありました。
 まず、3日前の大雨で行こうと思っていたたヨシ原が水没。さすがは遊水地です。ちゃんと機能を果たしていました。
 また、毎年貸し切り状態の駐車場が、いってみたら車でいっぱい。こんな事は初めてです。どうやら少年サッカー大会があるみたいでその選手と家族の車のようでした。しかし、とても広い駐車場なので参加者が止められないことはないので問題ありません。これから毎年サッカー大会があるのでしょうか。

 ということで例年と少し勝手が違いましたが、挨拶のあとは、すぐに水たまりでアメンボの観察。ヒメアメンボが飛来していたので、飛ぶ瞬間を見てもらいました。アメンボが飛ぶところはなかなか見られるものではないのでこれは良い観察ができました。

 その後は土手に上がって遊水地の説明し、植物を見たり、昆虫を見たりしながら歩きました。ただ人数が多くてちょっと聞き取りにくかったかもしれません。
それと今回は昆虫観察用のガチャガチャカプセルを忘れるという失態をしてしまったので、テントウムシの観察は今ひとつだったようです。
そういえば今回から、スイバをつかって10円玉クリーニングという試みもしました。これは意外と評判がよかったと思います。
そのほかは、例年と同じでヨシの草笛、ヨシの背高競争、紙飛行機飛ばしなどを楽しみました。
とにかくみんな楽しそうでしたので良い一日になりました。

さて、来年はどんなことをしようか、いまから策を練っておく必要がありそうです。


ヨシの背比べ。今年の優勝は4m33㎝とちょっと小さめでした。


子供のためとヨシ原に果敢に分け入るお母様


思い思いに紙飛行機を作ります。


最後は土手の上からみんなで一斉に飛ばしました!


| | Comments (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »