« December 2012 | Main | February 2013 »

Jan 27, 2013

柏市高柳で3月から私が講師をする子供対象探求クラブをはじめます

柏市にある民間学童保育と学習塾が合体した新しい学舎「ネクスファ」で、3月から探求クラブという新しいプログラムを始めます。
ネクスファの詳しい内容はこちら

私はその自然観察部門の総合プロデューサーとして参画、講師として1年間子供達と一緒に活動することになりました。

場所は柏市の高柳。ここのネクスファ高柳教室が拠点です。
そして徒歩で行ける大津川のほとりに一年間通えるフィールドを用意しました。

現在はこんな草ぼうぼうの場所ですが、生きものがたくさんいます。また、害虫を呼ぶ畑作りなど、ちょっと常識とはかけ離れたワクワクするようなプログラムを展開していきたいと考えています。

2月3日の午後に説明会とプレイベントを予定しています。興味のある方はぜひ、お問い合わせください。

ネクスファ探求クラブ
http://next-ph.jp/tankyuuclub.html


| | Comments (0)

Jan 26, 2013

柏市生きもの多様性保全スキルアップ講座で講演

26日はかしわ環境ステーション運営協議会(生物多様性部会)主催の柏市生きもの多様性保全スキルアップ講座に講師として呼んでいただきました。今回のお話は淡水魚です。
今週の前半は植物の種子撒布の話を2回しましたが、週末は淡水魚の話で、もう何が専門かわからなくなってきました。
私にとって淡水魚はライフワークみたいなもので、大学受験が希望通り第一志望に合格していれば魚の方向に進んでいたのです。
まあ、そんなことはどうでもいいですが、根っからの魚好きの私ですから、手賀沼のほとりに居を構えた今は魚調査をせずにはいられません。
そんなこんなで機会を見て確認した手賀沼水系の魚の話を2時間半にわたってしてきました。

手賀沼水系の代表的河川の大堀川です。


メダカとカダヤシの違いのポイントについて。


こんなのも泳いでいる。

参加者の方の中には、大堀川や大津川で活動されている方もいらっしゃり、少しは参考になるお話ができたのではないかと思います。

春にはこの講座の一環として、フィールドワークを予定しています。
日程等決まり次第お知らせします。

| | Comments (0)

Jan 24, 2013

1月23日 柏市私立幼稚園協会「教育研究大会」で講演しました

この日は、柏市中の私立幼稚園の先生方が一同につどい、一日中研修をする「教育研究大会」でした。私は午後の実践研修講座で「科学する心を育てる」と題してお話させていただきました。

Continue reading "1月23日 柏市私立幼稚園協会「教育研究大会」で講演しました"

| | Comments (0)

Jan 21, 2013

20日はみくに幼稚園さんで親子体験

寒さの厳しい今時期は生きものたちの活動が停滞気味なので、親子体験のネタも限定的になってしまいます。
そのなかで「種の種子撒布」のプログラムはいつの時期でも実施できるので重宝しています。
ということで、この日は地元みくに幼稚園さんで「たねのふしぎ」の親子体験を実施しました。もうこのプログラムはなんどもこのブログにも登場しているので、詳細はいいですね。
もちろん、大盛り上がりでした!








種模型滞空時間競争の優勝者の賞品です。

そうそう、ストックしてあったガマが箱の中で爆発して大変なことに!


| | Comments (0)

Jan 12, 2013

FMヨコハマの番組に出演しました

今日は、横浜ランドマークタワーにあるFMヨコハマのスタジオにゲストとしておよびいただき、Futurescapeという生放送の番組でカラスの話をしてきました。

久しぶりに訪れた横浜のみなとみらい地区は、新しいビルがたくさん建っていて、ぜんぜん違う街になっていました。

私が出演した部分は、およそ30分。カラスのことになると話が止まらない私ですので、この時間は短すぎました。3時間はほしいところです。

Continue reading "FMヨコハマの番組に出演しました"

| | Comments (0)

Jan 09, 2013

今シーズンもミヤマガラスとコクマルガラスが来ています

今シーズンも手賀沼周辺の水田にミヤマガラスとコクマルガラスが来ています。これからも定期的に渡来する越冬地になるのでしょうね。
まさか自宅から自転車でも行けるような距離でミヤマガラスとコクマルガラスを観察できるようになるとは、夢にも思いませんでした。


水田で採食するミヤマガラスの群れ


渦を巻いて飛び立った群れ。この写真をカウントすると571羽でした。


水田で採食あとはかならず野球のグランドにやってくる。


コクマルガラスも少数が混ざる。淡色型とよばれる白黒の個体は1羽だけのよう。従来は淡色型と黒色型とタイプが違うだけと図鑑に記述してあったが、最近の見知では淡色型は成鳥で、黒色型は幼鳥ということで落ち着いている。

| | Comments (0)

Jan 04, 2013

モズのハヤニエ

私が過去に撮影したメスのモズがハヤニエをしているところの写真を掲載します。


この写真ではわかりにくいのですが、過眼線が褐色で翼に白い斑がないのでメスだと思われます。

| | Comments (1)

« December 2012 | Main | February 2013 »