« ペルセウス座流星群を観望しに | Main | フィールドクラブ新学期スタート バッタ釣り用ルアー作り »

Aug 24, 2013

みなとメディアミュージアムへ

今日は、ひたちなか海浜鉄道沿線で行われている、みなとメディアミュージアム(
以下MMM)へ行ってきました。
街中の空き店舗、廃屋、車両、道ばたに現代アートの作品が点在しいて、それを巡るイベントです。
詳しい内容はこちら。みなとメディアミュージアムHP
どれもが本気の作家さんの作品ばかり。なかなか見応えがありました。

勝田から那珂湊までは、ひたちなか海浜鉄道で。主力車両の37100です。

車内には学童の子ども達が。磯遊びに行くそうです。たくさんお話をしました。とくに矢口君と。

那珂湊に到着。駅名標はデザインされていました。もうすでにイベントがはじまっています。

ナキカラスという作品

カッパ君も作品

このつり革も作品だそうです。

続いて向かったのはこのキハ20。この中に作品があるそうです。

入ってビックリ!座席にはこんな人が座っていました。

珍車両ケハ601!この中にも展示が。ケハ601は日本初のオールステンレスの気動車だそうです。

写真を立体的に表現した作品がありました。プラレールのケハ601が疾走していました。

続いては古い大谷石の蔵の展示スペースへ

なかには巨大なマンモスの頭骨の彫刻が。じつはものすごいバランスで立っています。

廃業した空き店舗内にも作品が。

モノクロの写真がたくさんコラージュされていました。
いろいろな作品が見られてなかなか面白かった。ただ、作品の紹介文が長すぎていまいちよくわからなかったのが残念。もっと端的に伝えたいことを書くとメッセージが伝わりやすいと思いました。


今回の旅でさらに楽しかったのが、個性豊かな気動車達との出会いでした。

キハ22。キハ20の寒冷地仕様。運転台の旋回窓が雪国仕様を物語っています。

キハ20形。国鉄急行色がかっこいい。

ミキ300。廃止された兵庫県の三木鉄道の車両。雪がそんなに降るとは思えない兵庫県の車両なのになぜかスノープロウが装着されています。

ひたちなか海浜鉄道の主力車両の3710形。

駅名標のデザインもオシャレ。このあたりは古墳が多いそうです。

日立工場前

勝田駅は街の中

那珂湊駅待合室。良い感じです。

ずっと留守だった那珂湊駅名物?ネコのおさむも最後に登場。でも無愛想でした。



|

« ペルセウス座流星群を観望しに | Main | フィールドクラブ新学期スタート バッタ釣り用ルアー作り »

Comments

いえいえ、おさむ君にお目にかかれただけでも光栄でした。それにしても楽しい小旅行でした。鉄道応援しています。

Posted by: 柴田佳秀 | Aug 29, 2013 at 10:45 AM

すいません。
ねこなので。
(吉田)

Posted by: ひたちなか海浜鉄道 | Aug 27, 2013 at 05:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ペルセウス座流星群を観望しに | Main | フィールドクラブ新学期スタート バッタ釣り用ルアー作り »