« ネクスファ・フィールドクラブ「夏の特別プログラム」 | Main | みなとメディアミュージアムへ »

Aug 15, 2013

ペルセウス座流星群を観望しに

毎年お盆時期の楽しみはペルセウス座流星群です。昨年は思いがけずに楽しめましたので、今年も見る気満々。
しかも、今年は月明かりもなく観測条件としては近年まれに見る好条件と言うことなので、期待は否応なしに高まっておりました。

しかし、極大日とされる12日は昼間よく晴れていたのですが、夕方になるにしたがって雲が。都心では大雨さえ降っているではありませんか!
こうなったらどこか条件が良いところを探して行くしかありません。
そこで頭に浮かんだ候補は「ぐんま天文台」。金環食の楽しい思い出になった場所です。ところが天気予報をチェックすると一番肝心の1時から3時が曇りマークになっています。

うーん。これは困りました。
じゃあ、他にどこかいいところがないかと思いをめぐらせていたところ、ふと、何年か前にいったことがある天文台を思い出しました。

それはあぶくま洞のとなりにある星の村天文台です。
天気をチェックするとバッチリ晴れているではないですか。これは行くしかないと午後10時過ぎに常磐道を北に向けて車を走らせました。
午前0時過ぎに現場に到着。天文台ではもうたくさんの観測の人たちが夜空を見つめていました。
空は満天の星空。ひさしぶりに天の川を見ました。天気も良好です。
流星は飽きない程度にポツポツと流れています。流れるたびにあちこちから「あっ」という声があがります。多くの人と観望する楽しみです。けっきょく2時間くらいで40コほどの流星を数えました。
じつは今回、写真撮影にも挑戦しました。しかし、あまり経験がないので、適当な設定で適当にやったため、現場ではよく写っているかどうかすらわかりません。バルブで30秒ほどあけて何枚か撮影しましたが、撮影してると流星を見逃すので途中でやめてしまいました。
ところが家に帰ってパソコンに取り込んでみると、驚いたことに何枚か写っていました。しかし、デジタル一眼レフはすごいですね。全くの素人でもいちおう写せたのですから。フィルムの時代では考えられないことです。
なかには一枚の写真に2コも流星が写っているものもあって、実際には目には見えていない流星がたくさん飛んでいたこともわかりました。


三つに見えますが、二つみたいです。



|

« ネクスファ・フィールドクラブ「夏の特別プログラム」 | Main | みなとメディアミュージアムへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ネクスファ・フィールドクラブ「夏の特別プログラム」 | Main | みなとメディアミュージアムへ »