« July 2014 | Main | December 2014 »

Sep 28, 2014

金山落しで自然観察会

9月27日は白井市の金山落しで親子自然観察会の講師をしてきました。
金山落しは、下手賀沼に流入する河川で、桜並木で有名なところです。
ここでの自然観察会は初めてなので、ちょっと勝手がわからない感じでした。


とくに金山落しは垂直護岸のため、川と人との距離があり、自然観察には難しい環境でした。


まずは小林鯉太郎さんが手製の袋編みを川にセット。


ゴムボートに乗って上流から追い込みます。


橋の上から様子をみんなで見守ります。


合図に会わせて一斉に引き上げましたが、成果は0。
すき間があって逃げてしまったようです。


次にウケをあげますが、こちらもスカ。


成績がよかったのはもんどり。


モツゴを中心にかなり捕れました。エサのドッグフードが効いたみたい。


各家庭一網入れて、みんな大量でした。


けっきょく最終的にはいろいろ捕れて、有意義な会になりました。
めでたしめでたし。

| | Comments (0)

Sep 14, 2014

ネクスファの子供たちと上野動物園に

9月14日、ネクスファの子供たちと上野動物園に行ってきました。
ネクスファってどんなところ? と思った方は、こちらをクリックしてください。
ネクスファ

この日は本当にいい天気。
動物園に行くには最高です。しかし、最高と思っているのは皆同じ。なのでとても混んでおりました。

私が動物園に子供たちを案内するときのテーマはコミュニケーション。題して「ドリトル先生になろう」というプログラムを行います。

動物は、音声、匂い、身振りなどいろいろな方法によって個体間でコミュニケーションを取ります。
私たち人は音声が主ですね。
ですから、音声で動物たちとコミュニケーションしてみようという企画です。
とうぜん対象動物は音声コミュニケーションが発達している種類。多くは鳥類ですが、テナガザルなどの哺乳類も対象です。
それでどんなことをするか。まあ、かんたんにいえば鳴き真似です。鳴き真似をして反応を見ましょうというもの。この鳴き真似はけっこう恥ずかしいのでみんなでやるのがみそです。
そのほか、動物クイズなども出題しながら一日を楽しみました。


正門は長蛇の列


ゴリラの気持ちになって歩きます


ワライカワセミの真似をしています。
コツは恥ずかしがらないで元気よく真似することです。


見た動物の生息地にシールを貼っていきます。
地理の勉強も同時にできてしまいます。

| | Comments (0)

Sep 13, 2014

手賀沼の水路で水生生物観察会

9月13日は手賀沼水生生物研究会とかしわ環境ステーション合同主催の水生生物観察会の講師をしてきました。

場所は手賀沼の周囲をながれる水路です。この水路は意外といろいろな生物がいて、安全に子供たちと魚捕りができるいいところです。

この日は天候に恵まれ楽しい観察会になりました。


大勢の参加者で大賑わいです。


このもんどりを家族で仕掛けます。


水路には水草が多くて沈めるのは大変でした。


もんどりに魚が入るまでの間は、別の場所でたも網による採集をしました。水草が多くて、このときもかなり難儀しました。

採集できた魚
在来種
モツゴ、ギンブナ、メダカ、ドジョウ

Continue reading "手賀沼の水路で水生生物観察会"

| | Comments (0)

Sep 06, 2014

フィールドクラブ 後半戦を再開

柏市高柳の耕作放棄地をお借りして毎週木曜日子供たちとフィールド調査をしています。
夏休みの間はお休みしていましたが、昨日から後半の調査をスタートしました。
久しぶりの調査とあって、最初はなかなか生物を見つける目が衰えていましたが、みんなだんだん思い出したようすでした。


昨年に比べてフィールドは、セイタカアワダチソウが減ってきたように思います。そのかわりオギが増えてきて、なかなかいい草地環境になってきたと思います。


コアオハナムグリ


子供たちはコガネグモを発見。網についたバッタがコガネグモに食べられる様子を観察しています。


クルマバッタモドキには黄色のマーキングをして放虫しました。


リンゴの木にはオビカレハの幼虫がたくさん。


この日最大のミステリーは、この草にしがみついたまま死んだショウリョウバッタです。


探すとあちこちに同じような亡骸がありました。


子供たちも興味津々です。
帰宅後調べてみるとこれはこのショウリョウバッタは、バッタカビ:〔病原菌学名Entomophaga grylli (Fressenius) Batko〕昆虫疫病菌の1種に犯されて死んでいることがわかりました。
この菌が体内に入ると、バッタは茎をのぼり、しっかりとつかまったまま息絶えるのだそうです。なんとも恐ろしい自然界。背筋が寒くなりました。

| | Comments (0)

« July 2014 | Main | December 2014 »