« フィールドクラブ 後半戦を再開 | Main | ネクスファの子供たちと上野動物園に »

Sep 13, 2014

手賀沼の水路で水生生物観察会

9月13日は手賀沼水生生物研究会とかしわ環境ステーション合同主催の水生生物観察会の講師をしてきました。

場所は手賀沼の周囲をながれる水路です。この水路は意外といろいろな生物がいて、安全に子供たちと魚捕りができるいいところです。

この日は天候に恵まれ楽しい観察会になりました。


大勢の参加者で大賑わいです。


このもんどりを家族で仕掛けます。


水路には水草が多くて沈めるのは大変でした。


もんどりに魚が入るまでの間は、別の場所でたも網による採集をしました。水草が多くて、このときもかなり難儀しました。

採集できた魚
在来種
モツゴ、ギンブナ、メダカ、ドジョウ
国内移入種
ツチフキ
外来種
タウナギ、カダヤシ、カムルチー、タイリクバラタナゴ
そのほか
アメリカザリガニ、クサガメ、テナガエビ、ミナミヌマエビ

なぜかハゼ科が採集できず。理由は?

|

« フィールドクラブ 後半戦を再開 | Main | ネクスファの子供たちと上野動物園に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« フィールドクラブ 後半戦を再開 | Main | ネクスファの子供たちと上野動物園に »